TOP > 診療案内 > 若返り・アンチエイジング

若返り・アンチエイジング

■ 目の周りの若返り

上眼瞼(まぶた)のくぼみ

くぼんだ上まぶたにヒアルロン酸や脂肪を注入してふっくらとした上まぶたにします。

下眼瞼のふくらみ(クマ)

下まぶたのふくらみの原因となっている脂肪を皮膚側からと結膜側(まぶたの裏の粘膜)から切除する方法があります。ふくらみがなくなることにより、その下にあるクマ(かげ)も目立たなくなります。手術は局所麻酔で行い、手術時間は約1時間です。

上眼瞼(まぶた)のたるみ取り

二重まぶたに沿って切開して上まぶたのたるんだ皮膚を切除します。腫れぼったいまぶたの方には、同時に脂肪を切除することも可能です。上まぶたの弛んだ皮膚を切除することで目を開けることが楽になります。手術は局所麻酔で行い、手術時間は約1時間です。

下眼瞼(下まぶた)のたるみ取り

下まつ毛のはえ際を切開し、下まぶたの弛んだ皮膚を切除します。下まぶたのふくらみが気になる方は、ふくらみの原因となっている脂肪を同時に切除し、まぶたの筋肉を引き締めて張りを持たせます。手術は局所麻酔で行い、手術時間は約1時間です。

眼瞼下垂症

眼瞼下垂は、まぶたが下がってきて前が見えにくくなる状態を指します。眼瞼挙筋というまぶたを挙げる筋肉の機能障害(筋肉が緩んだ状態)がある場合です。この場合には筋肉を短縮する手術を行います。
※健康保険適応です。

関連情報 ⇒価格表はこちら

■ 顔・お肌の若返り

セルリバイブ

セルリバイブとは
「セルリバイブ(CellRevive)」は、自分の血液を用いて肌の再生を促す、最先端のシワ・タルミなどの治療方法です。目のまわりのシワ、ほうれい線の治療のみではなく、従来、手術・レーザー・コラーゲンやヒアルロン酸では治療の難しかった目の下の小じわ、タルミ、ひたいのシワ、唇・口まわりのシワ、大きなニキビあとに対しても治療効果が出せるのが特徴です。
もともと血液に含まれている血小板や白血球は体に出来たキズを治す働きをしている細胞です。その血小板と白血球を濃縮し併用で用いることで、ヒトが本来持っている自然治癒力・組織再生力を最大限に引き出すことが可能となり、この治療方法が生まれました。従来のPRP(多血小板血漿)のみを用いた治療法とはまったく異なる新しい概念の治療のため、治療名称による混乱をふせぐためにも「セルリバイブ(CellRevive)」という名称に変更いたしました。

「セルリバイブ(CellRevive)」療法は、自分の血液で自分の肌を再生させる、再生医療を応用した治療法といえます。

今までの注入治療は、自分自身のものでないコラーゲンやヒアルロン酸を用いていたため、人によっては、アレルギー反応や感染などの副作用が生じることがありました。しかしセルリバイブ療法は、自分自身の血液を精製して注入する方法なので、アレルギー反応や感染の危険性もほとんど無く、安心して治療が受けられます。
PRP(多血小板血漿)治療自体は美容治療以外にも、医療の現場において潰瘍治療や歯科のインプラント治療などにも用いられています。PRPを活性化することによりPDGF(血小板由来増殖因子)、TGF(形質転換成長因子)、VEGF(血管内皮増殖因子)、EGF(上皮増殖因子)、KGF(角化細胞増殖因子)、FGF(線維芽細胞増殖因子)などの細胞成長因子を放出し創傷治癒に有用であることが知られています。 さらに、当院の「セルリバイブ(CellRevive)」療法キットは、アメリカのFDA(アメリカの厚生労働省)の許可、ヨーロッパ医療CEを取得しており、品質と安全性の両面でご安心いただけます。「セルリバイブ(CellRevive)」療法は、唯一、基礎データのある、血小板注入療法です。

セルリバイブジータとは
従来のセルリバイブ療法は、自分の血液を用いた治療方法のため年齢や血液採集時の体調などに左右され、場合によっては安定した効果が出にくいと言った欠点がありました。
「セルリバイブジータ(CellReviveζ)」療法は、従来のセルリバイブ療法に医薬品として認可されている細胞成長因子を添加することで、その欠点を改善しただけでなく、治療効果を最大限に引き出すことを可能にした最新治療方法です。治療方法や施術は従来のものと同じですが、施術後の腫れはやや長い治療です。そのぶん、効果も期待できます!
ただし細胞成長因子を用いた治療なので、悪性腫瘍または、その既往のある方に関しては、施術出来ない場合もあります。

セルリバイブ・セルリバイブジータの施療方法

  1. 約10〜20mlの採血を行います。
    得られた血液を遠心分離し調整します。
  2. シワ・たるみの部位を中心として、注入していきます。
  3. 注射には少し痛みがあり、施術後は赤みと腫れがあります。
  4. 3時間後にはお化粧は可能です。
  5. 腫れは2〜7日に、長い場合は1週間くらいあります。
  6. 内出血が出た場合には5〜7日で良くなります。
    効果の持続期間は個人差があります。繰り返し治療可能です。

フェイスリフト

顔や頸のたるんで垂れ下がった部分を引き上げて皮膚に張りを持たせます。耳の前から後ろにかけて切開し、皮下のゆるんだ筋膜(SMAS)も同時に引き締めてから皮膚を切除します。傷跡が目立たないようにするのは勿論のこと、皮膚の引き上げ効果を長年にわたり持続させるようにまた耳たぶの変形を起こさないように細心の注意を払っております。頬やアゴの垂れた脂肪がある方には脂肪吸引を併用することにより、より大きな効果をあげることができます。日帰り手術で手術時間は2〜3時間です。
これ以外にも引き上げる場所によって、こめかみリフト・前額リフト・ミッドフェイスリフトなどがあります。
こめかみリフトは、こめかみがたるんで目尻が垂れてきているのを治療します。こめかみ部の髪の毛の中を切開し、皮膚および皮下筋膜を引き締めます。手術は局所麻酔で行い、手術時間は1時間半程度です。
前額リフトは、額(ひたい)の生え際より約1cm上の髪の毛の中で切開します。皮膚および皮下筋膜を引き締めてひたいのたるみやゆるみを治療します。手術は局所麻酔で行い、手術時間は1時間半程度です。
ミッドフェイスリフトは、下まぶたの睫毛の生え際を切開して頬の筋肉を吊り上げて、まぶたのクマ・目の下のくぼみ・深くなった鼻の横の皺(鼻唇溝)を同時に治療できます。手術は局所麻酔で行い、手術時間は1時間半程度です。 

脂肪注入

お腹などから脂肪を採取し、顔の深く大きなシワや年とともにできてきたくぼみ(頬、こめかみ、目の下)などに注入する方法です。顔つきが全体的にふっくらとし、若々しく見えるようになります。脂肪を吸引し、メスで切らずに針で注入するので、キズは残りません。手術は、局所麻酔下で行い手術時間は30分〜1時間位です。

こめかみ形成

こめかみの陥凹を矯正してふっくらさせます。ヒアルロン酸注入、脂肪注入、シリコンプロテーゼ挿入等の方法があります。

ボトックス注入

神経を麻痺させるボトックスを注入することでその部位の筋肉の働きを弱めシワができにくくします。目尻、眉間、額のシワに非常に有効です。注入後の腫れも全くないため日常生活に影響はありません。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注射によって、肌が下から持ち上がる効果が得られます。この効果を利用し、しわやクボミを目立たなくしたり、お顔のラインや顔の造形を整え、リフトアップをします。それにより、顔の陰影をコントロールする治療です。
治療後外見上の効果はすぐに現れ、ほとんどの方は回復期間(ダウンタイム)を必要とせず、すぐに通常の生活に戻れます。

イオン導入治療(イオントフォレーシス)

レーザーでは治療困難な肝斑やしみやその他の色素沈着などに有効な治療方法です。体に感じない程度の微弱電流でイオン化されたビタミンCなどの治療薬を皮膚より浸透させます。一般的な皮膚治療薬は、皮膚に塗布するだけでは皮膚細胞内にほとんど取り込まれませんが、イオン化することで約200倍も高濃度にかつ迅速に取り込まれます。
治療薬として用いる薬剤には、アスコルビン酸(ビタミンC)、プラセンタ(胎盤エキス) などがあります。ビタミンCは、メラニン生成をより抑制するだけでなくコラーゲン合成作用、細胞増殖促進、抗酸化作用があります。プラセンタは厚生省が承認した美白剤です。

フォト・レジュミネーション(次世代型I2PL光治療機エリプスフレックス)による治療

シミ、ソバカス、あから顔
レーザー治療とは違い正常な皮膚には全くダメージを与えることなくアザやシミの異常な色素細胞或いはあから顔の毛細血管だけを瞬間的に分解する最先端の治療法です。次世代型I2PL光治療機(エリプスフレックス)は以前の光治療機(フォトフェイシャル)よりも優れた治療効果があり、治療後からお化粧も可能です。
肝斑は、レーザー治療を行うことによって悪化する場合があり、I2PL光治療機でも禁忌とされています。
スキン・リニューアル
強力な光エネルギーに反応して、皮下でコラーゲンが産生されます。結果として、皮膚に張りが出て、鼻や頬の毛穴も閉まります。同様の機序で早期の妊娠線にも効果があります。IPL光治療は強力な光エネルギーを出す治療ですので、これを使う行為は全て医療行為で医師が行うべきものです。

関連情報 ⇒価格表はこちら

■ 美容内科

プラセンタ筋肉注射

体が楽になり、お肌にハリやツヤも!!
ニキビ、吹き出物、肌荒れ、冷え性、肩こり、老化予防に最適!

疲労回復点滴

疲労気味の方、風邪などで体力が落ち気味の方に!!
滋養強壮剤、プラセンタ、ビタミンB群を配合した栄養カクテルをどうぞ。

美肌点滴

約20分の点滴でお肌と体が回復!!
プラセンタ倍量に医師がお肌の状態を考慮して、ビタミンB群・C群等を組み合わせ 個々の処方を作成します。
美肌、美白効果、老化予防、冷え性、肩こりなど気になら れる方にピッタリです。

*プラセンタとは

胎児の発育成長に必要不可欠な組織胎盤のことです。胎盤には各種の高純度な栄養素が集中しておりストレスの多い現代人には、まさにミラクルパワーとなります。 医療用医薬品として、美容先進国のスイスや中国等世界各国でも昔から広く利用されており安全性と有効性が確立した自然薬で副作用の心配はありません。また、全て希少な人胎盤エキスを用いており加熱殺菌処理も厳密に行われておりますので感染等の心配もありません。

関連情報 ⇒価格表はこちら

■ ホクロ

大きなホクロ(外科治療)

大きさが5mm以上のほくろに行います。
ほくろの周囲を切開し、縫合します。形状や大きさによって切開する方法も違ってきます。丸く、比較的小さなものは、円上にくり抜き、巾着状に縫合します。
長いものは、しわの霊子線に沿って切開し、目立たないように縫合します。
大きなほくろで、切除すると充分に皮膚が寄らない場合、2回に分けて手術する場合もあります。 切除したほくろに対して、病理学的検査を行うこともあります。抜糸は、約1週間後になります。
傷跡は時間と共に目立たなくなりますが、完全に消える訳ではありません。

小さなホクロ(電気分解、レーザー治療)

小さいほくろやいぼは、レーザー治療と同じように電気メスで焼却して除去できます。
通常のメスとは違い、皮膚を切開するのではなく電気分解により焼却して除去するので、縫合や抜糸の心配はありません。
局所麻酔で痛みもなく、3〜5分で終了。当日から洗顔・入浴も可能。
数日でかさぶたになり、1〜2週間ほどで自然にはがれてきれいな肌になります。

ページトップ